赤羽八幡神社例大祭 神社神輿の渡御|東京都北区の赤羽|赤羽紀行|東京都北区赤羽から全国の赤羽・赤羽根を探し歩いています

 東京都北区赤羽                           

赤羽八幡神社例大祭 神社神輿の渡御


 赤羽八幡神社例大祭は2年に一度、初秋の9月第2週土日に行われます。この祭りを待っていられた方も多いと思います。例大祭では神社神輿渡御が行われます。
 土曜日の朝、青年総代神輿が赤羽八幡神社から宮出しされ、赤羽の町を巡行しました。
 


   

 神社神輿と青年総代神輿の二基の神輿が本堂前に集合しました。神楽殿のお囃子に合わせて境内を廻り、これから宮出しです。 鳥居をくぐり、赤羽の町を巡行します。

   
 午前8時、神社神輿が赤羽八幡神社の境内でお祓いのあと宮出しします。    青年総代神輿が赤羽八幡神社から宮出しされました。


 神社神輿と青年総代神輿が境内から男坂(階段)を下っています。


   
 赤羽八幡神社の宮司さんが、まるます家の前で神社神輿が来るまで一休み。その後、ふれ太鼓を先頭に、御幣、露払いの錫杖、そして馬上の宮司と続きます。

   
 JR.赤羽駅西口前、赤羽小学校正門前で神社神輿を揉んでいます。

   


   

 赤羽駅の西口、一番街商店街、まるます家前で神社神輿を揉んでいます。 白丁、青年総代睦会、城北信用金庫赤羽支店の皆さん・・・他、大勢の参加によって盛大に赤羽八幡神社例大祭 神社神輿・青年総代神輿の渡御を行なうことが出来ました。
 (赤羽ほっとcafeに掲載したものを編集しています。)

赤羽・訪問リスト

北海道

青森県

岩手県

宮城県

福島県

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

新潟県

山梨県

長野県

岐阜県

静岡県

愛知県

三重県

兵庫県

奈良県

広島県

熊本県