「赤羽紀行」のあゆみ


 「赤羽紀行」の前身は、「赤羽を探して」が最初のタイトルで、東京都北区赤羽を紹介する「赤羽風暦( あかばねかぜごよみ)」の中の一部でした。
 昭和59年5月、群馬県館林市に、赤羽があることを見つけてから、当時はインターネットなどまだ普及していない頃なので、地図とにらめっこをしながら探していました。


 群馬県館林市赤羽、埼玉県さいたま市西区赤羽根、神奈川県厚木市赤羽根、埼玉県北足立郡伊奈町赤羽と、地元東京都北区赤羽を一緒に作り上げて、2002年9月に発信を開始しました。


 この頃、古墳に興味を持っていましたので、「前方後円墳に魅せられて」と、静岡県熱海市網代を紹介した「網代だより」を、別のサイトで作っていました。


 静岡県熱海市網代は妻の実家で、私と子供達は、海と山のある故郷の田舎暮らしを満喫していました。 網代港の堤防でアジ釣り、漁師で義理の父にベカで連れて行ってもらった初島、網代湾内での鯛釣り、飯蛸釣り、お囃子が小気味良い阿治古神社例大祭、浜辺に寝転んで見上げる花火大会、白い灯台などを網代だよりに書き綴ってきました。


 「赤羽風暦」は、2005年4月、全国の赤羽・赤羽根を訪ね歩く「赤羽紀行」をメインにして、タイトルも変えました。


 この頃には東京都北区の赤羽を含め、初めての赤羽を見つけた群馬県館林市から数えて20ヶ所を訪ねていました。


 2011年7月に、全国の赤羽・赤羽根を訪ね歩く「赤羽紀行」をリニューアルすると共に、今まで別々にしていた網代だより・前方後円墳に魅せられてを一緒にしました。
 現在の赤羽・赤羽根は、東京都大田区馬込赤羽で、75ヶ所目になりました。
 全国に赤羽・赤羽根は、まだ沢山あります。「赤羽紀行」で、赤羽の素敵な旅人気分を味わってください。

赤羽・訪問リスト

北海道

青森県

岩手県

宮城県

福島県

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

新潟県

山梨県

長野県

岐阜県

静岡県

愛知県

三重県

兵庫県

奈良県

広島県

熊本県